« 曲を決めること | トップページ | 初めての気持ちⅡ »

曲を決めることⅡ

最近、花粉が少し落ち着いた気がするのは私だけでしょうか?皆様はいかがでしょうか?

さて、またまたタイトルが「曲を決めること」になっています。・・・日曜のことですが、7月に出演する牛窓シーサイドホールへコンサートnoteのお手伝いに出向きました。出演者は、テノールの柾木和敬さんとソプラノの川崎泰子さん、そしてピアノは重利和徳さんでした。特にピアニストの方とは仲良くしたいです。必ず私達ソロ楽器には必要な方たちですもの。重利さんともお話できて嬉しかったですnote

お客様もとっても喜ばれていたようで、アンケート(出演者としては恐ろしいぃcoldsweats01・・・)にも、とっても良かったという感想ばかりでした。フルートの岩崎先生が「歌の魅力は素晴らしい」とおっしゃっていたのを思い出します。08’09’の「音の宝石箱」ジョイントコンサートで歌のゲストをお願いし、そのレッスン後の先生のお言葉です。私自身が「歌手」になりたかったのもあって、歌は大好きです。歌の持っている力は、多分、音楽の表現力で言うと最強ですね。曲と歌詞の融合なんてズルイcatfaceそして、表情もたっぷり・・・フルートは笑うことも出来ません。管楽器の宿命・・・喋れず、笑えず、伝達出来ず・・・。弦楽器の人は笑えるし、「そこ、繰り返しsign01」なんてことも言えるしね。フルートは笑えばおかしな顔になり、肩は震えて、最悪噴き出す(音楽人生において、あってはならないことを2,3回やらかしてます)coldsweats01

話が逸れましたが、難しい曲よりも聴いてくださっているお客様が楽しめる内容にしなくてはいけないと思いました。0歳児から100歳超える方までいらしているのです。そこで、日本人の好きなドップラーの「田園幻想曲」と変奏曲の楽しいジュナンの「ベニスの謝肉祭」をメインにしようと思います。伴奏者は久し振りに八尋君にお願いできました。同級生対決をお楽しみにhappy01

そうそう・・・同級生ということで、その日に「同窓会」も企画しています。たまたま連休なので都合が良いかと、皆に打診しているところです。会えるように企画しますねlovely

では、またお会いしましょうconfident

« 曲を決めること | トップページ | 初めての気持ちⅡ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1238404/39708246

この記事へのトラックバック一覧です: 曲を決めることⅡ:

« 曲を決めること | トップページ | 初めての気持ちⅡ »