« こんなに疲れるなんて・・・絶句 | トップページ | リラックス »

一つ終わりました

芸術の秋、到来ですね。岡山の市民の方々も国文祭を楽しんでいるようです。昨日、本番が終わってoniビジョンを観てみたら、開会式の模様を放送していました。大変大きなイベントなのだと実感しました。

私達が歩いてルネスに向かう途中に、二組の親子連れの方々にお会いしたのですが、「ここに入ったことがないから、ご飯も食べれるし行ってみる?」と子供に話しかけていました。思わず、「演奏するのでどうぞ!」と、言いたかったです。

昨日は、妙に体がだるくて集中できない感じでした。メンバーにも話したのですが、「合宿のトラウマ」のようでした。一時期チボリ公園で演奏していた時のスランプの時期に似ている。合宿は勿論練習不足で今回も十分な練習とは言えないから、多分蘇ってきたのだと思います。合宿の実行委員長を手一杯でやっていて、演奏する直前まで写真を撮っていました。(二日間で八十数枚も一人で撮りましたwobbly)ステージに立った途端に頭が真っ白sweat02全く思うように吹けなかったのです。自分自身の傲慢さに反省だったのに、また同じようなことをしてしまいました。他のメンバーは「全然大丈夫sign01」と言ってくれたけど、自分の中ではモヤモヤdown色んな事を言い訳にしてもつまらない(食事の匂いとアトピーのかゆみ等)・・・お稽古が足らなかった。それだけですね。精神的な部分って大切ですね。

緊張感って不思議です。人間の感情がコントロールできないように、緊張しないようにと思ってもするし、緊張しているのにスッと緊張が消える時もある。違う誰かが演奏しているかのようなフワフワした感じもあるし、ガチガチなこともある。本当に何なのだろうと思います。でも、これが人間の良さでもあると思いますね。機械のようにいつも完璧で最初から最後まで同じテンションで演奏されたら、「素晴らしい」「完璧」とは思えても「感動した」とは言えません。随分昔のことですが、NHKホールに「ミラノスカラ座」オペラ公演を観に行った時にも思いました。歌手の方々の調子が尻上がりupに良くなっていくのです。最初は緊張感からか声が余り出ていなかったのですが、最後には涙が出そうでした。

今回の事は、私への警鐘なのだと捉えて精進するしかありません。ホームページにもコンサートのチラシがアップされました。まだまだ15日のパーティーでの演奏(ただのパーティーではない・・・ムラマツの社長さんをはじめ楽器メーカーさんがお客様)、21日は発表会、28日はセレーナのコンサート。そして笛の音コンサートが12月18日。年内は一つ一つ大切に臨みたいと思います。

それと、大切なお知らせです。頑張るつもりだった「スモーキー」が急に今日で閉店することとなりました。オーナーさんの一身上の都合だそうで、当初2年間は営業するとおっしゃっていたのですが、3月まで・・・いや、今月でという具合に展開してしまい、宣伝もし、やっとお客様が定着しようとしていた矢先のことで、大変悔しくて残念ですweep。不本意ですが不可抗力的なことですので、ご理解下さい。ありがとうございました。

ブログもなかなか書けませんが、細々やっていきますので宜しくお願いします。

« こんなに疲れるなんて・・・絶句 | トップページ | リラックス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1238404/37468474

この記事へのトラックバック一覧です: 一つ終わりました:

« こんなに疲れるなんて・・・絶句 | トップページ | リラックス »