« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

突然のお別れ

皆様、こんばんは!今年も早いもので後二ヶ月になってしまいましたね。ぐっと冷え込んだ日もあれば、昨日今日のように九月頃の気温sunになったりと気温差が激しく、風邪をひいている人も多いようです。気をつけましょうねdanger

インフルエンザdangerも娘の学校では学級閉鎖が相次ぎ、遂に娘本人もインフルエンザを経験してしまいました。私は年齢的に!?感染しなかったようで、疲れはあるものの風邪らしい症状は全くありません。免疫があると言うことなんでしょうかね?

さて、今年は忘れられない一年となってしまいました。と、言うのも「お別れ」しなくてはいけない人達が多かったことです。悲しいことですが、「生」あるものは必ず「死」が訪れるということは認めざるを得ません。音楽仲間との突然の別れ、昨年再会した先輩とのお別れ、私の父の旧友、親戚の叔母、お友達のお父様の訃報、そして義理の母を見送ったこと・・・。

パソコンから目を上げると、亡き母の遺影が本当に亡くなってしまったのだと真実を告げています。今年のお盆の入院から一度も外に出れず、食べ物を口に出来なかったことがとても残念です。去年の秋にはイチジクを食べたいと聞いたので、買って行きましたね。娘が生まれた頃は足腰の具合が悪かったにも拘らず、私が仕事に行っている間にはずっと娘を抱いていてくれていましたね。元気に病院から出て行くことを願っていましたが、それは叶いませんでした。本当に沢山の思い出shineをありがとう。ゆっくり休んでくださいね。

「笛」も再開して、レッスンも再開してまた頑張りましょう。私も幾つまで「笛」を元気に吹けるか分かりません。身体に気をつけましょうなどと言いながら、健康診断も久しく行ってませんね。

行ってみようかな・・・sleepy

こんなこと初めて・・・の事件

こんばんは!こんな時間に書いています。昨日はチェンバープレイヤーズのコンサートに少しだけお邪魔しました。代表の曽布川さんのトロンボーン群を集結したコンサート。レッスンの都合で私は1部で失礼しましたが、後で聞いた話しによると2部も魅力的な音色、演出だったそうです・・・最後まで聴けなくて・・・ざ、ざんねん!!お疲れ様でしたnotes

今日の「Tonica」は曽布さんが福の神になり、同級生、後輩・・・音楽談議に花が咲き、閉店したのは日付の替わった2時半・・・。心地よい疲労感で只今ブログを更新中という訳です。そんな時、やはり人と人との縁を感じ、大切にしていきたいと思います。

さてさて、今日のタイトルの事件とは・・・?前回のブログに11月に院内コンサートと書いたのですが・・・昨日、演奏して来ました・・・coldsweats01そうなんです・・・23日の朝の電話で「今日はお世話になりますheart01」と、言われ???「えぇ?」先方も「えぇ?」

慌てて久美ちゃんに(伴奏者です)電話して段取りをしてもらって、なんとか無事に終わりました。よくぞ朝に電話を下さったと胸を撫で下ろしましたよ。予定表は演奏日時を聞いた時点で書き込んだし私は間違っていないと思いましたが、そんなことより無事に演奏できた事への安堵と会場の県の精神病センターの中庭に感動しましたfujiスタッフの方々もとても丁寧な対応をしてくださり、皆様に支えられて集中することが出来ました。本当にお世話になり有難うございました。

22日の夜に会った時に明日のことを何も口にしなかったので、おかしい?と思い電話を下さったようです。直前に「今どこ?何かあった?」なんて電話があったとしたら・・・想像するだけで恐ろしい・・・bearing。若い頃、焦って目が覚める夢のような出来事が起こってしまいました。ステージに出たら譜面が違うとか、演奏時間に遅れそうとか、観たことありますよね怖い夢sweat02

朝になってきたのでそろそろ休みましょう。頭がボーっとしているので、誤字脱字あったら、ごめんなさい。只今、お化粧のアレルギーは最高潮で瞼周りが腫れています。やる気のない顔に見えるかもしれませんが、お化粧は出来ません。どうか大目にみてくださいね。ステロイドは塗りたくない・・・でも、塗らないと治りそうもない。今の一番の悩みです。では、おやすみなさいconfident

あっと、そうそうデジカメ買いました。コンサートの報告は今度から写真入れますね。今日買ったので院内コンサートは撮れていません。ご了承くださいませwink

最近の出来事Ⅳ

皆様、こんにちは!お久し振りです。忙しさに追われ、気が付けば一ヶ月ぐらい書いていなかったのですね。ごめんなさいdespair

10月の4日は福吉町のセシルメディカルクリニック開院に先立って、ミニコンサートをご近所の方にお聴きいただきました。演奏後に院長は「定期的にやりたいなぁ・・・」っておっしゃっていたので、また機会があれば嬉しいです。その後、短いランチrestaurantを済ませ、ヤマハユニスタイル大野辻の発表会です。参加生徒さんは少なかったのですが、講師演奏もあって、いわゆる当日合わせの当日本番です。生徒さんは日頃の成果を十分発揮して余裕?の演奏でしたし、私たちは伴奏者(勿論、松本久美子さん)が曲に慣れているせいか、ゆったりと演奏できました。

最近は連休が多かったですね。ところが、レッスン、練習、コンクール、発表会などで殆どお休みは無かったですcoldsweats01今月は4回の合わせを予定しています。12月に「音の宝石箱vol.2」を開催するので、八尋君が岡山に来る時はなるべく時間を合わせなくてはいけません。コンサートの情報はまたホームページに掲載いたしますね。チェンバープレイヤーズのクリスマスコンサートとして行うので、1月に京都で開催するコンサートとは少し曲を変更致します。

でもその前に11月15日のチェンバー4周年記念コンサート、22日は発表会、23日は鹿田町での院内コンサート・・・。ん・・・っwobblyくらくらしそうです。

目の前にあることを一つ一つ消化して行ってるのが現状ですが、やっておかないといけない曲の練習と合わせはしっかり自覚しておかないとね。

11月演奏曲は「アルル」の女よりメヌエット、モーツアルト(フリース)の子守歌、日本の歌メドレー他。

12月は、「萎める花」による主題と変奏、グノーのアヴェマリア、ケルビーニのアヴェマリア、ヘッドの鳥の歌他。

1月は冥、「萎める花」、スイスの羊飼い、鳥の歌他と言う感じです。冥はクリスマスには到底向かないので岡山では止めました。詳しくはそれぞれチラシ掲載を致しますので、参考になさってください。

インフルエンザも少しずつ忍び寄ってきています。皆さん、気をつけましょうね。

では、またconfident

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »